有名ブランドの中古バッグの買取価格の決まり方の注意点

有名なブランドのバッグを持っている人はそのバッグを売りたいと考えている人もいるはずです。LOUIS VUITTON、HERMES、CHANELなどの有名なブランドのバッグであれば、中古であっても高値で売れるという思惑があるはずです。

しかし、こういった有名ブランドの中でも実際に売れる金額というのは差があります。そして、多くの人はそもそもの販売額が高いものは、中古のときでも高く売れるのか?という点が気になるでしょう。

新品の販売額と中古品の買取金額は必ずしも比例しない

LOUIS VUITTON、HERMES、CHANELといったブランドの中古バッグを売るときに、新品で買ったときの金額が高いものについては、中古で売るときにもそれなりの金額が期待できるのではないか?と考えている人もいるはずです。

ただ、新品のときの値段と中古になってからの買取価格は比例するとは言えないのです。比例する場合もありますけど、そうじゃない場合も多々あります。したがって、新品のときに非常に高い値段だったバッグが、買取に出してみると非常に安い金額でしか売れなかったという感覚になるケースも普通に存在すると言えます。

新品の値段が高くても需要が低いものは中古で安くなる

新品のときに値段が高いものでも、需要が低いものはそもそも売れづらいので、高値にできませんし、買取価格も下がります。

つまり、欲しいと思う人がどれだけいるか?で値段や買取金額が決まるので、新品のときの値段が高くても、後に中古品としてどれだけの需要があるか?まで見ないと値段を決められず、買取価格も決まらないということです。
そこを知っておいた方が良いということになります。

有名ブランドの中古バッグの買取価格に関するまとめ

LOUIS VUITTON、HERMES、CHANELといった有名ブランドの中古バッグの買取価格に関しては、新品のときの値段と比例するとは限りません。

重要なのはそのバッグの需要がどれだけあるか?で、それによって中古品としての値段が決まるということになり、その値段に応じて買取価格が決まるので、その仕組みを知っておきましょう。