CHANELの中古バッグを新品に見せる3つの方法

CHANELをのバッグを定価で購入するとなると、それなりにお金がかかりますし、ヴィンテージのものはどうしても中古バッグとして手に入れるしかありませんよね。そこで、そんなCHANELの中古バッグを手に入れて、新品同様にするならばどんな方法があるのかをご紹介しましょう。

汚れ落としを念入りに

レザー拭きシート(布)で拭いてから、ブラシで表面についた埃を払ってください。保湿をしていないと、レザーはダメージができやすいので、どちらもソフトにやってくださいね。細かいシワやデコボコの中にも目につかない汚れなどが入っていることがあるので、そういったものを排除しましょう。そうするだけでも見た目の「古さ」を避けることができますよ。

レザーは「丁度よい」状態を保つこと

CHANELのバッグはほぼすべてがレザーですよね。ですから、レザーを一定の状態に保つことが、長持ち、そして、常に新しい状態に見せるのには必要なことです。

そこで、常に一定の水分が保てるよう、バッグに油分を足してあげることが必要ですが、これは、お肌に使えるとされているニベアの青缶でさえも使えるといわれていますが、高級バッグになかなかそれを使うのは勇気が要ることです。

そこで、レザー製品専用のクリームが靴屋さんなどには売られていますし、CHANELのお店の方に効けばすぐにわかるだけでなく、保証書がなくてもその場でクリーニングなどをしてくれるお店もあるので、それをご利用ください。

保証付きなら保証利用を

保証がついている中古バッグであるならば、その保障証をしっかり利用してよいでしょう。中古であっても、これがついていれば、世界各国のCHANELの店舗で、あなたに合った1番最善の方法を提供してくれるので、1番良い場合には新品、もしくは、すでにそのモデルがない場合にはそのモデルのバッグの価格に合った代替え商品を提供してくれます。

CHANELの中古バッグも新しくなる!

CHANELの中古バッグを購入しても新しく見せる方法はあり、本気で新しくなる方法もあります。それはここを参考にしていただければ一目瞭然ですので、参考にしてください。